品詞

日本語教育の「感動詞」

感動詞

感動詞とは

活用はなく、独立して使うことができ、それだけで言い切ることができる品詞です
「感嘆詞」「間投詞」と呼ばれることもあります

感動詞の分類

主に「感動」「呼びかけ」「応答」「挨拶」「歓喜・掛け声・おまじないなど」の五つに分けられます。

感動

感動

ああ、おお、あれ、あら、おや、まあ、えっ、ええ・・etc

呼びかけ

呼びかけ

ねえ、さあ、もしもし、やあ、こら、なあ、おい・・etc

応答

応答

はい、うん、いいえ、いや、ああ・・etc

挨拶

挨拶

おはようございます、こんにちは、こんばんは、さようなら・・etc

歓喜・掛け声・おまじないなど

歓喜・歓声・掛け声・おまじないなど

わーい、せーの、よいしょ、じゃんけんぽん、南無阿弥陀仏・・etc

– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です