品詞

日本語教育の「形容詞」

形容詞

形容詞とは

人や物の性質や状態を表し、活用を持ち、述語や名詞を修飾する品詞です

「修飾」とはある部分が他の部分にかかっていくことです。述語にかかることは「連用修飾」、名詞にかかることは「連体修飾」といいます。

名詞を修飾する形(連体形)が『い』で終わるものは「イ形容詞」『な』で終わるものは「ナ形容詞」と呼びます

また、人の感情や感覚を表す「感情形容詞」と事物の性質や形状を表す「属性形容詞」に分けられます

い形容詞とな形容詞

い形容詞

名詞を修飾する形(連体形)が『い』で終わるものは「イ形容詞」と呼びます。

丁寧形 普通形
現在形・肯定 大きいです 大きい
現在形・否定 大きくありません/
大きくないです
大きくない
過去形・肯定 大きかったです 大きかった
過去形・否定 大きくありませんでした/
大きくなかったです
大きくなかった

「良い」は特別な活用するので注意すること。

丁寧形 普通形
現在形・肯定 (い)いです (い)
現在形・否定 (よ)くありません/
良くないです
(よ)くない
過去形・肯定 (よ)かったです (よ)かった
過去形・否定 (よ)くありませんでした/良くなかったです (よ)くなかった

学校文法では「形容詞」と呼ばれています。

な形容詞

名詞を修飾する形(連体形)が『な』で終わるものは「ナ形容詞」と呼びます。

丁寧形 普通形
現在形・肯定 元気です 元気(だ)
現在形・否定 元気じゃありません/
元気ではありません
元気じゃない
過去形・肯定 元気でした 元気だった
過去形・否定 元気じゃありませんでした/元気ではありませんでした 元気じゃなかった

学校文法では「形容動詞」と呼ばれています。

「な形容詞」「名詞」の二つの特徴を持つ語もあります。

名詞:平和の象徴 な形容詞:平和な日常
名詞:自由の女神 な形容詞:自由な時間

感情形容詞と属性形容詞

感情形容詞

人の感情や感覚を表す形容詞を「感情形容詞」と言います。

い形容詞

嬉しい、悲しい、懐かしい、怖い、辛い、恥ずかしい・・etc

な形容詞

好き、嫌い、心配、不安、感動、幸せ・・etc

感情形容詞は、第三者を主語として用いることができません。

(私は)友達に会えてとても嬉しい。

彼は友達に会えてとても嬉しい。

第三者を主語にする場合は、第三者の外的な様子を表すことができる「~がる」が用いられます。

彼は友達に会えてとても嬉しがっている

N3文法 ~がる 意味 主に第三者の感情、身体的感覚、要望や希望を表す場合に使われます。 例:面白がる、暑がる、痛がる etc. 接続 ...

属性形容詞

事物の性質や形状を表す形容詞を「属性形容詞」と言います。

い形容詞

大きい、小さい、高い、低い、広い、狭い・・etc

な形容詞

静か、簡単、有名、便利、複雑・・etc

– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です