品詞

日本語教育の「副詞」

副詞

副詞とは

活用はなく、主に述語にかかる連用修飾語として機能する品詞です

副詞は「情態副詞」「程度副詞」「陳述副詞」の3つに分類されます

副詞の種類

情態副詞

動作や作用の様子を説明する副詞を「情態副詞」と言います。
その中でも、「擬態語」「擬声語」「擬音語」「畳語(同じ音を繰り返す)」が多く見られます。

情態副詞

ゆっくり、こっそり、ドン、ポチッ、ぴかぴか、ガンガン・・etc

程度副詞

述語が表す動作や状態の程度を説明する副詞を「程度副詞」と言います。

程度副詞

とても、ずっと、たいへん、かなり、結構、多少・・etc

陳述副詞

文末と呼応する副詞を「陳述副詞」と言います。
「たぶん~だろう」「まるで~ようだ」「全然~ない」などのような形のことです。

陳述副詞

全然、きっと、もし、まるで、たとえ、まさか・・etc

– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です