N5文法

N5文法 ~がほしい

~がほしい

意味

あるものを手に入れることに対する願望を表します。

例:お金がほしい、テレビがほしい、彼氏がほしい etc.

接続

N+がほしい

解説

名詞に接続して、その名詞を手に入れることに対する願望を表します。
対象を表す格助詞「が」が使われます。

きれいな彼女がほしいです。
新しい財布がほしいです。

「~がほしい」は英語では動詞の”want”にあたるため、動詞と勘違いしてしまう場合がありますが、「い形容詞」ですので注意しましょう。

現在形:ほしい
否定形:ほしくない
過去形:ほしかった
過去否定形:ほしくなかった
名詞接続:ほしい本

補足

疑問文の場合は聞き手の願望を尋ねることができます。

何か飲み物がほしいですか?
可愛い洋服がほしいですか?

目上の人や親しくない人に使うと失礼になるので注意してください。
社長、飲み物がほしいですか? 

社長、飲み物はいかがですか? 

補足

第三者を主語にすることはできません。

田中さんは新しい車がほしいです。
彼は外国人の友達がほしいです。

第三者を主語にする場合は、第三者の要望を表す「~がる」、伝聞や話し手の判断を表す「~らしい」「~ようだ」などと一緒に使えば可能です。

田中さんは新しい車をほしがっています
彼は外国人の友達がほしいらしいです

「~がる」の文法については以下の記事を見てください。

N3文法 ~がる 意味 主に第三者の感情、身体的感覚、要望や希望を表す場合に使われます。 例:面白がる、暑がる、痛がる etc. 接続 ...

以下の場合は、第三者のことでも「~ほしい」と言い切ることができます。
・名詞修飾する場合。
彼女がほしい財布は、もう売り切れてしまった。

・小説のように話し手の視点が自由に移動できるような場合。
田中はどうしても金がほしい。

補足

「否定文」の場合と「対比を表す」場合は、助詞「が」ではなく、「は」を使います。

否定文

私は新しい洋服ほしくありません。 

私は新しい洋服ほしくありません。 

対比

私はプレゼントほしくないが、お金ほしいです。 

私はプレゼントほしくないが、お金ほしいです。 

補足

全ての名詞が接続できるわけではありません。
「旅行する」「勉強する」のように、動作を含む名詞(する動詞)には接続できません。

私は旅行がほしいです。
私は日本語の勉強がほしいです。

この場合は、ある行為をすることに対する願望を表す「~たい」を使いましょう。

私は旅行がしたいです。
私は日本語の勉強がしたいです。

「~たい」の文法については以下の記事を見てください。

N5文法 ~たい 意味 ある行為をすることに対する願望を表します。 例:食べたい、行きたい、遊びたい etc. 接続 Vます+たい ...

「する動詞」でも「連絡がほしい」「返信がほしい」のように接続できる場合があります。
ただし、この場合は「連絡がしたい」「返信がしたい」のように、話し手がその動作をすることに対する願望を持っているわけではなく、相手がその動作をしてくれることに対する願望なので、意味が異なります

あるものを手に入れることに対する願望を表す。第三者を主語にはできないこと、「~たい」との使い方の違いに注意すること。
 

 

対比文法

準備中

例文

今年中に彼氏がほしいです

もっと遊ぶ時間がほしいです

テレビと洗濯機と冷蔵庫がほしいです

今は彼女はほしくありません

パソコンはほしいですが、ipadはほしくありません

彼は外国人の友達がほしいと言っていました。

田中さんはいつもお金をほしがっています

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です