N0文法

N0文法 ~たりして

~たりして

意味

複数の事柄や行為の中から一つ例を出し、そういう可能性があるという意味を表します。

例:行ってたりして、かわいかったりして、好きだったりして etc.

接続

Vた/なかった+りして
i-Aた/なかった+りして
Naた/なかった+りして
Nた/なかった+りして

解説

複数の事柄や行為の中から一つ例を出し、そういう可能性があるという意味を表し、主に家族や友達など身近な人に使う表現です
婉曲的な表現として使われますが、揶揄的(人をからかったりする)な使い方をする場合もあるので、目上の人に対しては使ってはいけません

田中さんの話をするとき、いつも顔が赤くなるよね?もしかして田中さんのこと好きだったりして
最近あの二人すごく仲がいいよね。付き合っていたりして

この「たり」は「~たり~たり」でも勉強した「例示・並列(取り立て助詞)」も婉曲的な表現として使うと紹介しました。
こちらも合わせて確認してみてくださいね。

N5文法 ~たり~たり 意味 複数の事柄や行為の中からいくつかを「例示・並列」する、また、反対の語をならべて動作・状態の「繰り返し」を表すときに使われ...
「~かもしれない」と可能性があるという意味を表し、友達や家族など(特に若い方)に使われる表現。
 

 

対比文法

準備中

例文

最近、隣の部署の田中さん見ないよね。もしかして仕事辞めちゃってたりして

なかなか来ないね。昨日徹夜したって言ってたから、まだ寝てたりしてね。

鈴木さん、入院しているはずなのに、すぐにメールが返ってくるんだよね。実は元気だったりして

この頃、旦那が帰ってくる時間が遅いんだよね。もしかして浮気してたりして

先生の見た目ってほんとに若いよね。ほんとは私達と同じ学生だったりしてね。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です