N0文法

N0文法 ~がらみ

~がらみ

意味

名詞に接続して、それと密接な関係があることを表します。

例:恋愛がらみ、仕事がらみ、事件がらみ etc.

接続

N+がらみ

解説

名詞に接続して、それと密接な関係があることを表します。
主に「N+がらみの+N」という形で使われることが多いです。
漢字で書くと「絡み」で名詞に接続すると「がらみ」と濁音化します。

最近は政治がらみのニュースが多くなっている。
誰でもお金がらみの苦い過去があるものだ。

補足

年齢や値段を表す数詞と接続して「だいたいそのぐらい」という意味も表すことができます。
日常生活では使いませんが、小説などで使われている表現です。
年齢を表す場合は「歳(才)」は使わず、「五十がらみ」のような形で使います。

昨日から、私の家の近くで五十がらみの男がうろうろしている。
この皿は見た目は高そうですが、たった千円がらみの品です。

年齢を表す場合、「五十がらみ」が主に使われ、「四十がらみ」「六十がらみ」なども使われていますが、他の年齢では使われていないので注意してください。
名詞に接続して、それと密接な関係があることを表します。
 

 

対比文法

準備中

例文

仕事がらみの付き合いは面倒でしかたがない。

この観光地は毎年3月頃、卒業旅行がらみで観光客が増える。

最近は家庭内で、親の介護がらみのトラブルが多くなっている。

暴力団がらみの事件では銃が使われていることが多い。

愛人がらみのスキャンダルで芸能界から追放される人が増えている。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です