N3文法

N3文法 〜通り(~とおり/~どおり)

~通り

意味

~と同じ意味で、内容を変えない、そのままである様子を表します。

例:おっしゃる通り、話した通り、希望通り、予想通り etc.

接続

Vる+とおり
Vた+とおり
N+の+とおり
N+どおり
名詞に直接接続する場合は「どおり」となります。

解説

~と同じ意味で、内容を変えない、そのままである様子を表します。
「思う」「考える」などの思考動詞、また「予想」「基本」「希望」「計画」「命令」「想像」「思惑」など特定の名詞と接続します。

先週話した通り、今日は試験があります。
私の予想通り、彼は会社を辞めた。

「考え通り」「思い通り」「狙い通り」など動詞の「ます形」と接続する場合もありますと書かれている参考書もありますが、「考え」「思い」「狙い」などは名詞と考えていいでしょう。動詞の「ます形」は名詞になる動詞もあることも抑えておきましょう。

補足

「文字通り」という言い方は「その文字と同じ意味」ということで、言葉の意味を説明するときによく使われます。

「尽力」とは、文字通り「力を尽くす」という意味です。
「初志貫徹」とは文字通り「最初の志を貫きとおす」という意味です。

補足

「見ての通り」「知っての通り」という言い方もよく使われます。
以下のように、「見た通り」「知っている通り」と同じような使い方もできます。

試合の結果は見た通り、惨敗だった。
試合の結果は見ての通り、惨敗だった。

知っている通り、私は会社を立ち上げた。
知っての通り、私は会社を立ち上げた。

ただし、置き換えられない場合もあるので注意しましょう。
「見ての通り~」は「見たことから導びかれた~」という意味であり、「見たそのまま」とは少し異なります。
そのため、以下のような場合は使えません。

昨日見た通りに絵を描いてください。 
昨日見ての通りに絵を描いてください。 

この場合は、「見たそのまま」の絵を描くことを言っているので、「見ての通り」には置き換えできません。

補足

似た文法に「~ように」がありますが、意味が少し異なります。
「~通りに」「~ように」より「全く同じに」というニュアンスが強いです。

このイラストのように描いてください。
→イラストに似た絵を描く。(全く同じイラストではない)

このイラストの通りに描いてください。
→イラストと同じ絵を描く。(全く同じイラストを描く)

N3文法 〜ように(同様) 意味 ~と性質や内容、方法などほぼ一致する内容であることを表します。 例:図のように、父のように、以下のように etc....
補足

「通り」「とおり」と平仮名で書くのか、漢字で書くのか、どちらが正しいのかと悩む場合がありますが、どちらでも構いません。

公用文での使用に関しては「平仮名」を使用することが定められています。(公用文以外ではどちらでも構いません。)

詳しくは「公用文における漢字使用等について(別紙)」を確認してください。

文化庁・常用漢字表のページはこちら

~と同じ意味で、内容を変えない、そのままである様子を表す。名詞に直接接続する場合は「どおり」になるので注意。
 

対比文法

準備中

例文

噂で聞いていた通り、来月多くのスタッフがリストラされるらしい。

昨日伝えた通り、今日は田中先生はお休みです。

友達の彼女は想像していた通り、とても可愛かった。

私の希望通り、営業部に異動することができた。

何事も計画通りうまくはいかない。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です