N2文法

N2文法 ~に決まっている

~に決まっている

意味

話し手が「絶対に~だ」と強い確信を持っているときに使う表現です。

例:嘘に決まっている、楽しいに決まっている、来るに決まっている etc.

接続

V普+に決まっている
i-A普+に決まっている
Na普+に決まっている
N普+に決まっている
Na/である+に決まっている
N/である+に決まっている

解説

話し手が「絶対に~だ」と強い確信を持っているときに使う表現で、話し言葉としてよく使われます。

あんなに一生懸命勉強したんだから、合格できるに決まっているよ!
弟に彼女ができたなんて、嘘に決まっている

補足

会話では「~に決まってる」と短縮して使われることが多いです

友達が勧めてくれた映画だから、面白いに決まってるよ!
この前、祖父から手紙をもらったばかりだから、祖父は元気に決まってる

「絶対に~だ」「きっと~だ」と話し手が強い確信を持っているときに使う。
会話でもよく使われる表現なのでしっかりと覚えること。
 

 

対比文法

準備中

例文

彼はいつも遅刻してくるから、今日も遅刻してくるに決まっている

彼女は10年もアメリカに住んでいたんだから、英語が上手に話せるに決まっている

お姉ちゃんがあんなに可愛いなら、妹も同じぐらい可愛いに決まっているよ!

ほとんど同じ性能の物なら、安い方がいいに決まっている

私がテストで100点を取るなんて、絶対無理に決まっている

彼は東大を卒業しているから、優秀な人材に決まっている

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です