N1文法

N1文法 ~だに

~だに

意味

後件が肯定形だと「~するだけでも」、否定形だと「全く~しない」の意味を表します。

例:想像するだに、考えるだに、予想だに、微動だに etc.

接続

Vる+だに
N+だに

解説

後件が肯定形だと「~するだけでも」、否定形だと「全く~しない」の意味を表し、現代では話し言葉はもちろん、書き言葉でもほとんど使われることはありません。この文法は後件が「肯定形」の場合と「否定形」の場合とで分けて考えた方がわかりやすいでしょう。

~だに(肯定形)

基本的に動詞の「ます形」と接続し、後件は肯定形が続き、「~するだけでも」の意味を表します。また、前件に接続する動詞は「想像する」「考える」「聞く」「言う」など限られています
後件には主に「恐ろしい」「悲しい」「辛い」「胸が痛い」など、ネガティブな表現が続きます。

世界が滅亡するなんて、想像するだに恐ろしい。
突然親を失った彼女の気持ちを考えるだに胸が痛くなる。

~だに(否定形)

基本的に「名詞」と接続し、後件は否定形が続き、「全く~しない」の意味を表します。
また、前件に接続する名詞は「想像」「予想」「微動」「夢」など限られています

こんな事件が発生するとは予想だにしなかった。
彼は酒に酔って倒れてしまい、どんなに声をかけても微動だにしない。

補足

「夢にだに」「思いだに」は接続の形が特別です

幼馴染の彼女と結婚するとは、夢にだに思わなかった。
まさか自分が海外に住むなんて思いだにしなかった。

補足

以下二つ、慣用表現として紹介します。(日本人でもほぼ使わない表現です。)

一顧(いっこ)だにしない

少し見たり、考えてみることもしない様子。

一瞥(いちべつ)だにしない

少し見ることもしない様子。

後件が肯定形だと「~するだけでも」、否定形だと「全く~しない」の意味で、接続できる動詞、名詞は限られているので慣用表現として覚えること。
 

 

対比文法

準備中

例文

~だに(肯定形)

社長の意見に反論するなんて、想像するだに恐ろしいことだ。

彼女の振られたことを思い出すだに涙が流れる。

戦争時代の話を祖父から聞くだに辛い気持ちになる。

~だに(否定形)

彼が警察に捕まるなんて、想像だにしなかったことだ。

あまりの急な出来事に驚いて、彼女は微動だにしないでその場に立ちつくした。

第一希望の大学に合格できるなんて、夢にだに思わなかった。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です