N1文法

N1文法 ~と相まって

~と相まって

意味

「~と一緒になって」という意味で、二つ以上の要素がお互いに作用し影響し合って、その作用の結果を述べる(主に良い結果)表現です。

例:人一倍の努力と相まって、綺麗な景色と相まって etc.

接続

N+と相まって

解説

二つ以上の要素がお互いに作用し影響し合って、その作用の結果を述べる表現で、書き言葉として使われます。
「~が(は)~と相まって」や「~と~と(が)相まって」などの形で使われることがおおいです。
また、主に良い結果の場合に使われますが、悪い結果でも使うことができます。

悲しい音楽が映像と相まって、ドラマの主人公の辛い気持ちが痛いほど伝わりました。
今回の試験は、私の努力と運とが相まって合格できたんだと思います。
面接の緊張と不安が相まって、気を失ってしまいました。(悪い結果)

補足

名詞の前に接続する場合は「Nと相まったN」となります。

このデザートは酸味と相まったちょうど良い甘さがとてもいいです。
ここは、四季折々の自然とと相まった絶景が人気な観光地です。

補足

「相まって」の「まって」の漢字は「俟って」です。「待って」ではありません。
「待つ」と「俟つ」はほとんど同じ意味ですが、辞書で「待つ・俟つ」を調べると以下のように書かれています。 

待つ/俟つ

(多く「俟つ」と書く)頼りとする。期待する。(広辞苑 第六版)

ここから、「~相まって」は「お互いが頼りとする必要な存在」という意味に繋がるため、やはり良い結果が生まれるものと考えるものかと私は思います。

二つ以上の要素がお互いに作用し影響し合って、その作用の結果を述べる表現で、主に良い結果が生じる場合に使われる。
 

 

対比文法

準備中

例文

彼の才能と努力とが相まって、見事にノーベル賞を受賞しました。

我が社の集客力と御社の企画力が相まって、このような大勢の人達が集まるイベントを開催できたのです。

皆の日々の努力と当日のチームワークとが相まって、大会で優勝することができました。

この肉はやわらかくて美味しいが、このソースと相まって、更に美味しいお肉になります。

彼女の歌声とオーケストラの演奏と相まって、心に響く音色が生み出されました。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です