N1文法

N1文法 ~をおいて

~をおいて

意味

名詞に接続して、それ以外他にはないと言いたい場合に使われます。

例:彼をおいて、この大学をおいて、今をおいて etc.

接続

N+をおいて

解説

名詞に接続して、それ以外他にはないと言いたい場合に使われます。
それが唯一のものだとそのものを高く評価する場合に使うことが多いです。
「Nをおいて(他に)~ない」と否定形が続く場合がほとんどです。

この大事な仕事を任せられるのは彼をおいて他にはいない。
母の病気を治せるのは、あの医者をおいて他にいない。

補足

「何をおいても」は慣用表現として一緒に覚えておきましょう。

何をおいても

どんな物事にも優先させて。まず第一に。

明日のパーティーには何をおいても必ず出席する。
日本に行ったら、何をおいてもディズニーランドに行きたい。

補足

「~をおいて」は漢字で書くと「~を措いて」です。
「~を置いて」ではないので注意しましょう。

「措く」の意味を確認しておきましょう。

措く

やめる。中止する。控える。
例:「その話は措いておく」「箸を措く(擱く)」「筆を措く(擱く)」
除く。のける。

「~を措いて」「~を除いて」という意味であることがわかりますね。

最初に「「Nをおいて(他に)~ない」と否定形が続く場合がほとんどです。」と書きましたが、「~を除いて」に置き換えてみるとわかりやすいかと思います。

をおいて他にいますか?

多くの場合「~をおいて」の後ろは否定形が続くので、この文だと日本人も少し正しいのかどうか悩むかもしれません。
では「~を除いて」に置き換えてみましょう。

を除いて他にいますか?

この場合は違和感を感じないと思います。

「を措いて」「を除いて」の意味だとわかっていればわかりやすいですよね。
教える時は必ず否定形が続くとは言わないように注意しましょう。

名詞に接続して、それ以外他にはないと言いたい場合に使われる。「~をおいて他に~ない」という形で使われることが多い。
 

対比文法

準備中

例文

大会で優勝することができるのは、うちの学校では彼女をおいて他にいない。

この難しい歌を歌い切ることができるのは、あの人気歌手をおいて他にいない。

彼女を救ってあげられるのは、あなたをおいて他にいない。

あなたが学びたいことを学べるのは、この大学をおいて他にない。

自分の人生を変えるチャンスは、今をおいて他にない。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です