N1文法

N1文法 ~をよそに

~をよそに

意味

周りから向けられる感情や評価を表す名詞と接続し、それを無視して気にしないでする、またある状況を表す名詞と接続し、それに関係なくという場合に使われます。

例:心配をよそに、不安をよそに、期待をよそに etc.

接続

N+よそに

「文+の+よそに」の形もよく使われます。

解説

周りへの関心や配慮が問題になるかどうかで、二つの意味に分けて考えるとわかりやすいです。どちらの場合も主に書き言葉として使われます。

無視

周りから向けられる感情や評価を表す名詞と接続し、それを無視して気にしないでする場合に使われます。
感嘆や非難の意味が含まれることが多いです。後件には意志的な動作が続きます。
「期待」「心配」「不安」「反対」「批判」などの名詞と接続することが多いです。

親の心配をよそに妹は高校を卒業したら上京した。
住民たちの反対をよそに高層マンションの建設は続けられた。

無関係

ある状況を表す名詞と接続し、それに関係なく、それに悩まされることがなくという場合に使われます。

不景気をよそにこの会社はどんどん売り上げを伸ばしている。
タピオカブームをよそに駅前の喫茶店は昔ながらのコーヒーだけで人気を得ている。

前件の状況、状態とは全く対照的だということを表す場合にも使われます。

優勝を目前に、ファンたちが興奮しているのをよそに選手達は冷静だ。
家族の不安な気持ちをよそに本人は自信満々だ。

補足

すでに起こったこと、起こっていることに使われる場合が多いので、まだ起こっていないことに使うと不自然になることがあります。

両親の心配をよそに、弟は大学を中退してしまうだろう。

「~してしまうだろう」と予測している内容なので、不自然です。

両親の心配をよそに、弟は大学を中退してしまった。

「~してしまった」と既成の事実なので、問題ありません。

補足

「よそ」は漢字で書くと「他所」または「余所」です。
漢字で使われることはほとんどありませんが、「よそ」の意味を確認しておきましょう。

よそ

「他の」や「別の」という意味。

うちとよそを比べるな。
よそ見運転をしてはいけません。

感情や評価を表す名詞と接続し、それを気にしないでする「無視」を表す意味とある状況を表す名詞と接続し、それに関係なくという「無関係」を表す場合に使われる。
 

対比文法

準備中

例文

無視

医者の忠告をよそに、父は酒やタバコを続けている。

周囲の反対をよそに、危険な場所に取材に出かけた。

両親の心配をよそに、勉強しないで毎日遊んでばかりいる。

無関係

世界中の不況をよそに、ある島国だけが好景気であることが話題になっている。

連休終わりのUターンラッシュをよそに、休みをずらして混雑することなく休みを満喫した。

マスコミの大変な騒ぎをよそに、話題になっている本人達はいたって冷静だ。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です