N1文法

N1文法 ~たりとも~ない

~たりとも~ない

意味

最小単位を表す語について、後ろに続く否定表現を強調する場合に使われます。

例:一日たりとも~ない、一滴たりとも~ない、一瞬たりとも~ない etc.

接続

N+たりとも~ない

解説

最小単位を表す語について、後ろに続く否定表現を強調する場合に使われる、硬い書き言葉です。スピーチなどでは話し言葉としても使われます。
「一+助数詞」の形で接続する場合がほとんどです。

留学生活は一日たりとも無駄にできない
この番組は大好きなので、一瞬たりとも見逃したくない

補足

最小の単位を表す語につく表現なので、大きい単位(年、キロなど)は使えません。

試合でとても疲れたので、一キロたりとも歩くことができない

試合でとても疲れたので、一ミリたりとも歩くことができない

補足

最低限の意味を表す助詞「も」を使った「~も~ない」とほぼ同様の意味ですが、「~たりとも~ない」の方がより否定表現が強調されています。

あの日の出来事は一日たりとも忘れたことがない
あの日の出来事は一日忘れたことがない

補足

「~たりとも~するな」「~たりとも~しないで」のように命令や指示を強調して使うこともできます。

今は水が不足しているから、一滴たりとも無駄にするな
今日の失敗は一日たりとも忘れないでください。

補足

「何人たりとも~ない」という慣用表現があります。
「何人」は「なんぴと」「なんびと」と読みます。

何人たりとも~ない

どんな人であっても、誰であっても~ない。

この場所には何人たりとも入ることはできない

最小単位を表す語について、後ろに続く否定表現を強調する場合に使われる。ほとんど「一+助数詞」の形で接続する。
 

対比文法

準備中

例文

先生の授業は一言たりとも聞き逃さないように、いつも集中して授業を受けている。

人生で一度たりとも一人で海外に行ったことがない

家を買うために、一円たりとも無駄にはできない

どんな理由があっても、ここにいる動物達を一匹たりとも死なせたくない

同じ人間は一人たりとも存在しないから、自分の命は大切にしよう。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です