N1文法

N1文法 ~はおろか

~はおろか

意味

「AはおろかB」の形で、「Aはもちろん、それより程度が上の事柄であるBも」という意味を表します。

例:歩くのはおろか座るのも、名前はおろか顔も、漢字はおろかひらがなも etc.

接続

N+はおろか
Vる+の/ことはおろか

解説

「AはおろかB」の形で、「Aはもちろん、それより程度が上の事柄であるBも」という意味を表し、後件では否定的な事柄が続きます
古めかしく硬い表現で、話者の驚きや不満を表します。
「も」「だって」「さえ」「すら」などの強調の言葉が一緒に使われることが多いです。

筋肉痛がひどくて、歩くのはおろか、座るのもたいへんだ。
先生は、私の名前はおろか、顔さえ覚えていなかった。

程度が上というと「BはAより難しいこと」と勘違いしてしまう学生が多いですが、そういう意味ではありません。
Bの方が「驚きのレベルが上だ」と理解した方がわかりやすいでしょう。

補足

後件に命令や依頼や意志などの表現は使えません

授業中に食事をすることはおろか、スマホを使わないでください。(命令)
私はエアコンはおろか、扇風機も買いたい。(意志)

授業中に食事をすることはおろか、スマホを使うこともできない。
私はエアコンはおろか、扇風機も買えない。

「AはおろかB」の形で、「Aはもちろん、それより程度が上の事柄であるBも」という意味。「も」「だって」「さえ」「すら」などの言葉がよく一緒に使われる。
 

対比文法

準備中

例文

彼は大学に合格するのはおろか、高校を卒業するのだって難しい。

私の家はオートロックはおろか、ドアに鍵すらない。

その学生は、漢字はおろか、ひらがなさえ書けない。

新入社員はExcelの使い方はおろか、タイピングの仕方も知らなかった。

私の実家は田舎なので、家の近くにはデパートはおろか、コンビニすらない。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です