N0文法

N0文法 ~ときたら(順番)

~ときたら(順番)

意味

現在の状況や一般的に予想される順番を考えると、Aの次は当然Bだという場合に使われます。

接続

N+ときたら

解説

現在の状況や一般的に予想される順番を考えると、Aの次は当然Bだという場合に使われます。

長男の名前が一郎、次男が二郎ときたら三男は三郎でしょう。
一昨年のお年玉は1000円で、去年は2000円ときたら今年は恐らく3000円だろう。

補足

必ずしも一般的なことではなく、話し手の主観的な意見を述べる場合も多いです

次は何を歌おうかな。SMAP、TOKIO、V6ときたら次は嵐でしょ。
今年の大会の優勝賞品は何だろう?前々回はテレビ、前回はパソコン、ときたら今年はipadとかかな。

補足

聞き手にある予想を聞きたい場合に使われることが多いです

新しい元号のことだけど、昭和、平成ときたら次は何だと思いますか?
オリンピックの開催都市、2024年はパリ、2028年はロサンゼルスときたら次の開催はどこだろう?

現在の状況や一般的に予想される順番を考えると、Aの次は当然Bだという場合に使われる。話し手の主観的な意見を述べることも多い。
 

 

対比文法

準備中

例文

今日の給食のメニューはカレーライス、ハンバーグときたらきっとスパゲッティーだ。

先々週の参加者は50人、先週は100人、ときたら今週はきっと150人以上集まるでしょう。

田中さん、鈴木さんときたら次に昇進するのは絶対伊藤さんだろう。

地震、雷ときたら次は何を思い浮かべる?

父の日のプレゼントどうしようかな。時計、ネクタイときたら次は財布とかがいいかな?

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です