文法の違い

文法の違い「~に先立って」vs「~に先駆けて」

work

意味

この2つの文法はどちらも「先」という漢字が使われており、同じ意味だと勘違いして使ってしまう人が多いですが、意味は異なります。

意味を確認してみましょう。

~に先立って

「~する前に」という意味で、主にその前に何か準備をしなければならない時に使われる。

~に先駆けて

他の人や物よりも先に何かをするという時に使われる。

文法確認

それぞれの文法の意味を再確認したい場合は、以下の記事を見てください。

~に先立って

N2文法 ~に先立って 意味 「~する前に」という意味で、主にその前に何か準備をしなければならない時に使われます。 例:試合に先立って、留学に先...

~に先駆けて

N1文法 ~に先駆けて 意味 他の人や物よりも先に何かをするという意味です。 例:他社に先駆けて、他国に先駆けて etc. 接続 N+に先駆...

解説

以下の例文を見てください。

例文

開会式に先立って大会委員長が挨拶を行いました。

開会式に先駆けて大会委員長が挨拶を行いました。

どちらの文が正しいかわかりますか?

最初に意味を確認したので難しくないですね。

この例文の意味は「開会式をする前に、大会委員長が挨拶した」ということなので、正しい文法は「先立って」となります。

開会式に先立って大会委員長が挨拶を行いました。

開会式に先駆けて大会委員長が挨拶を行いました。

意味の違いだけ理解できていれば難しくない文法です!

しっかり覚えましょう!

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です