文法の違い

文法の違い「~たびに」vs「~につけ」

たびに につけ

意味

2つの文法を使った例文を確認してみましょう。

例文

この音楽を聞くたびに、楽しかった学生時代を思い出します。

この音楽を聞くにつけ、楽しかった学生時代を思い出します。

どちらも「~すると、いつも」という意味で、繰り返しを強調する文法です。

この2つの違いを確認していきます。

文法確認

それぞれの文法の意味を再確認したい場合は、以下の記事を見てください。

~につけ

N2文法 ~につけ 意味 「~すると、いつも」という繰り返しを強調する場合に使います。 例:見るにつけ、聞くにつけ、考えるにつけ etc. ...

~たびに

N3文法 ~たびに 意味 「~すると、いつも」という繰り返しを強調する場合に使います。 例:出張のたびに、引っ越しのたびに、会うたびに et...

解説

改めて、最初の例文を見てみましょう。

例文

この音楽を聞くたびに、楽しかった学生時代を思い出します。

この音楽を聞くにつけ、楽しかった学生時代を思い出します。

この2つの例文の場合、どちらの文法を使っても問題ありません。

では、以下のような例文の場合はどうでしょう?

例文

父は出張に行くたびに、お土産を買ってきてくれます。

父は出張に行くにつけ、お土産を買ってきてくれます。

この場合、「~につけ」の文法は使えません。

改めて、「~たびに」と「~につけ」の文法のポイントを確認していきましょう。

~たびに

後文には自然に起こる心の状態も意志表現も使える

接続する動詞や名詞の制限が少ない

~につけ

後文には自然に起こる心の状態がくる。

接続する動詞や名詞が限られている

上記からわかるように、主なポイントは「~につけ」は「後文に自然に起こる心の状態しか使えない」ということです。

では、もう一度例文を確認してみましょう。

父は出張に行くにつけ、お土産を買ってきてくれます。

→「お土産を買う」は「自然に起こる心の状態」ではありませんね。
また、「~につけ」に接続する代表的な動詞は「見る」「聞く」「思う」「考える」などであり、「行く」は少し不自然かもしれません。

「行く」は自然だという人もいるかもしれません。私自身「~につけ」の文法は使用しないので曖昧です。。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です