言葉の違い

言葉の違い 「全治」vs「完治」

全治vs完治

概要

皆さんは大きな怪我をしたことがありますか?

そんなとき、どのくらいで完全に治るのか気になりますよね。

以下のような言葉を聞いたことがあると思います。

「全治」

「完治」

この2つの言葉の意味の違いがわかりますか?

例えば、医者から「全治3ヶ月」と言われた場合、3ヶ月経ったら自由に運動しても大丈夫でしょうか?

意味

それでは、辞書に書かれている意味を確認していきましょう。

全治

病気やけががすっかりなおること。全癒。全快。(岩波書店·広辞苑第六版)

病気やけがなどが完全に治ること。全快。ぜんじ。(三省堂·スーパー大辞林)

完治

病気やけがが完全に治ること。(岩波書店·広辞苑第六版)

病気やけがが完全に治ること。(三省堂·スーパー大辞林)

解説

辞書から意味を判断すると「全治」「完治」「完全に治ること」と書かれていますね
それでは、全く同じ意味ということでしょうか?

実は、「全治」は「完全に治ること」という意味だけでなく「全有効治療期間」を省略した言葉であるとも言われています。
そのため、医者から伝えられる「全治(全有効治療期間)」とは「病院に通い、治療を必要とする期間」という意味であり、完全に治る期間ではありません。
「全治3ヶ月」と言われても、3ヶ月経ったらすぐに運動できるわけではなく、「完治」するまで待ちましょう!

全治・・・病院に通い、治療を必要とする期間。
完治・・・怪我をする前の状態に戻ること。完全に治ること。

例文

全治

試合中に怪我をしてしまい、全治一ヶ月と診断された。

全治一週間と言われたが、一週間経ってもまだ痛みがある。

完治

全治一ヶ月と診断されたが、完治するまでは三ヶ月かかった。

この怪我は全治一年かかると言われたが、元通りに完治することはないらしい。

– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です