N2文法

N2文法 ~のなんのって

~のなんのって

意味

「非常に~だ」という意味で、程度のすごさを説明するときに使われます。

例:寒いのなんのって、おいしいのなんのって、驚いたのなんのって etc.

接続

V普+のなんのって
i-A普+のなんのって
Na普+のなんのって
Naな+のなんのって

解説

「非常に~だ」という意味で、驚きや感嘆の程度のすごさを説明するときに使う話し言葉です。
後件には、そのために生じたことを述べることが多いです。

北海道の冬は寒いのなんのって、身体が凍ってしまうかと思ったよ。
隣の部屋の人がうるさいのなんのって、朝まで寝られなかった。

補足

より程度を強調するときは「もう」を一緒に使います

「もう」の意味を辞書で確認してみましょう

もう

ある感情や感動が高まったときに用いられる語。(大辞林 第三版)
例:もう、最高!! もう、嬉しくてうれしくて!

このケーキもうおいしいのなんのって、驚いたよ。
ハワイはもう暑いのなんのって、死ぬかと思ったよ。

補足

同じ意味で「~の~ないのって」という言い方もあります。(比較的「~のなんのって」の方が多く使われます。)

Vる+の+Vない形+のって
i-Aい+の+i-Aない形+のって

昨日、初めて親知らずを抜いたんだけど、もう痛い痛くないのって、泣きそうになったよ。
息子の成長した姿を見て、感動するしないのって、嬉しくて涙が出ました。

「非常に~だ」と驚きや感動などの程度のすごさを説明する表現。話し言葉として使われる。
 

 

対比文法

準備中

例文

驚いたのなんのって、久々に実家に帰ったら駅前ががらっと変わっていました。

自分が作った料理がまずいのなんのって、もう料理は作らないことに決めました。

友達とカラオケに行ったら、うまいのなんのって、びっくりさせられました。

あのお化け屋敷は怖いのなんのって、鳥肌が止まらなかったよ。

このスマホは使いにくいのなんのって、前の機種に変更したいよ。

アイドルのかっこいいのなんのって、結婚したいぐらいです。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です