N2文法

N2文法 ~ものだから

~ものだから

意味

あることが起こった理由を説明するときに使われ、主にその理由は客観的な事実として仕方がないことだということを表します。

例:急いでいるものだから、好きなものだから、学生なものだから etc.

接続

V普+ものだから
i-A普+ものだから
Na普+ものだから
N普+ものだから
Naな+ものだから
Nな+ものだから

解説

あることが起こった理由を説明するときに使われ、主にその理由は客観的な事実として仕方がない、自然の成り行きだと、主に自分の正当性を主張する場合に使われる場合が多いです
より丁寧に言いたいときは「~ものですから」、また「~もので」という言い方もあります。

日本語を話す機会がないものだから、全然日本語が上達しないんです。
電車が遅れたものですから、遅刻してしまったんです。

補足

「~もんだから」「~もんで」というくだけた言い方もあります。

朝まで勉強してたもんだから、寝坊してしまいました。
英語が苦手なもんで、外国人と話すのが怖いんです。

補足

基本的には「~から」と置き換えられますが、以下2つの点に注意してください

「~ものだから」の後件には、命令や勧誘や依頼表現はほとんど使えません

明日パーティーがあるから、一緒に行きましょう。 
明日パーティーがあるものだから、一緒に行きましょう。 

「~ものだから」は理由を客観的な事実として、「仕方がなかった」という意味が含まれ、自分を正当化するための「弁解」「言い訳」として使われることが多いです。

友達に誘われたから、パーティーに行きました。 直接理由を説明している。
友達に誘われたものだから、パーティーに行きました。 一般的に友達に誘われたら断りにくいものだから仕方がないという意味を含む。

補足

「~から」と同様に文末でも使うことができます

すみません、携帯が壊れていたもので・・・
今月は忙しかったもので・・・

補足

文末にだけ使える「~もの」「~もん」「~ですもの」「~ですもん」という理由を説明する言い方もあります
「~もん」は主に子供が作う表現で、甘えた印象があります。甘えた印象を出すために女性が使うこともあります。
また、「~ですもの」は女性が使う上品な言い方です

ピーマンは好きじゃないんだもん
これは私には買えません。とても高いんですもの

あることが起こった理由を説明するときに使われ、主にその理由は客観的な事実として仕方がないことだということを表す。「~から」との使い方の違いに注意。
 

 

対比文法

準備中

例文

息子に何度叱っても反省しないものだから、つい叩いてしまいました。

これは父が好きなもので、出張に行くたびに買って帰るんです。

風邪を引いてしまったもんで、今日は行けなくなってしまいました。

(集合時間に遅れて)すみません、トイレに行っていたもんで・・・

(女性が甘えた感じで)だって、あなたのことが好きなんだもん

娘が大学に合格したんですもの。今日はお祝いしましょう。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です