N2文法

N2文法 ~ものだ(願望)

~ものだ

意味

ずっと前から持っている願望や、実現が簡単ではない願望の気持ちを強調する場合に使われます。

例:行きたいものだ、住みたいものだ、手伝ってほしいものだ、買ってほしいものだ etc.

接続

Vたい/たくない+ものだ
Vてほしい/てほしくない+ものだ

解説

ずっと前から持っている願望や、実現が簡単ではない願望の気持ちを強調する場合に使われます
自分の願望を表す「~たい」、相手に何かをしてもらいたい願望を表す「~てほしい」に接続します

一度でいいから世界一周旅行をしたいものだ
感謝の気持ちを直接伝えてほしいものだ

補足

話し言葉では「もんだ」と言うことが多いです

宝くじで一等を当ててみたいもんだ
たまにはどこか遠くに連れていってほしいもんだ

補足

話し手の願望のみ使えます。他者の願望を表す場合には使えません

(私は)海外に留学したいもんだ。
(彼は)海外に留学したいもんだ。

補足

長く持っている願望や、実現が簡単ではない願望に使います。そのため、短期間の願望や実現が簡単な願望には使えません

明日、焼肉を食べたいもんだ。

明日、焼肉を食べたい。

「焼肉」を食べることは、ずっと前から持っている願望でもないし、実現もそんなに難しくないですよね。
この場合は「~たい」を使いましょう。

ずっと前から持っている願望や、実現が簡単ではない願望の気持ちを強調する場合に使われる。話し手の願望を言いたい場合のみ使える。
 

対比文法

準備中

例文

いつか海外で働いてみたいものだ

お金があれば、私も宇宙旅行したいものだ

一度でいいからこんな豪邸に住んでみたいものだ

いつも自分が料理を作っているから、たまには彼女に料理を作ってほしいものだ

隣の家の息子さんは東大に合格したらしい。うちの息子も見習ってほしいものだ

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です