N1文法

N1文法 ~をものともせずに

~をものともせずに

意味

危険や困難に負けないで、勇敢に立ち向かう様子を表します。

例:危険をものともせずに、怪我をものともせずに、反対をものともせずに etc.

接続

N+をものともせずに

解説

危険や困難に負けないで、勇敢に立ち向かう様子を表す書き言葉的表現です。
主に他の人のことを客観的に述べる表現のため、話し手自身のことは使うことができません
悪条件を表す名詞「病気」「怪我」「反対」「プレッシャー」「不安」「不況」「危険」「ハンデ」「批判」「悪天候(台風、雨、暑さ、寒さ)」と接続します。

彼らは周りの反対をものともせずに結婚した。
彼女は足の怪我をものともせずに大会で優勝した。

補足

「~をものともせず」のように「に」を省略することもできます

その消防士は危険をものともせず火の中に飛び込んだ。
前回優勝した彼は、そのプレッシャーをものともせず今回の大会も優勝した。

補足

人以外にも使うことができます

地震で発生した大津波は、堤防をものともせず町全体を飲み込んだ。
私達の船は、台風をものともせず目的地に向かい続けている。

危険や困難に負けないで、勇敢に立ち向かう様子を表す。話し手自身のことには使えないので注意すること。
 

 

対比文法

準備中

例文

彼は両親の反対をものともせず留学することに決めた。

その登山家は吹雪をものともせず世界一高い山の頂上を目指した。

今年一番の暑さをものともせず最後まで走り抜いた。

彼女は足の怪我をものともせず大会に出場することを決めた。

その馬は、他の馬とのハンデをものともせず見事一位でゴールした。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です