N1文法

N1文法 〜んがために

~んがために

意味

「〜するために」という意味で、目的を絶対に実現させたいという強い意志を表します。

例:生きんがために、得んがために、合格せんがために etc.

接続

Vない+んがために
例外で「する」は「せんがため」になります。

解説

「〜するために」という意味で、目的を絶対に実現させたいという強い意志を表し、主にスピーチや書面などで使われる硬い表現です。
後件には、依頼や命令、働きかけを表す文は来ません
また、絶対に目的を達成するという気持ちが強いため、後件には普通ではしないような極端な行動が続く場合が多いです。

息子を大学に合格させんがために、大学に裏金を渡した。
川で溺れている子供を助けんがために、彼は高い橋の上から川に飛び込んだ。

補足

「~んがため」のように「に」を省略することもできます

彼女はお金を得んがため、多くの男性からお金をだまし取った。
彼は起業せんがため、毎日経営者のところに話を聞きに回っている。

補足

名詞に接続する場合、「~んがためのN」の形になります

夢を叶えんがための努力は一日も欠かしたことはない。
このチームで優勝できたのは、監督から試合に勝利せんがためのあらゆる手段を教えていただいたからだ。

目的を絶対に実現させたいという強い意志を表す。会話ではほとんど使われず、スピーチや書面などに使われる表現。
 

 

対比文法

準備中

例文

JLPTに合格せんがため、毎日10時間以上勉強を続けている。

歌手になる夢を叶えんがため、アメリカでボイストレーニングに行くことに決めた。

人は生きんがため、時には悪いことを行ってしまうことがある。

試合に勝たんがため、反則を繰り返した。

選挙に当選せんがため、多くの人に賄賂を渡した。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です