N1文法

N1文法 ~といったらありはしない/~といったらありゃしない

~といったらありはしない

意味

「言葉で表せないほど~だ」という意味で驚きや感動などの程度を強調するときに使われます。

例:忙しさといったらありはしない、暑さといったらありはしない、美しいといったらありはしない etc.

接続

N+といったらありはしない/といったらありゃしない/といったらない/ったらない
i-A+といったらありはしない/といったらありゃしない/といったらない/ったらない
Na+といったらありはしない/といったらありゃしない/といったらない/ったらない

i-A+ことといったらない
Na+な+ことといったらない

解説

「言葉で表せないほど~だ」という意味で驚きや感動などの程度を強調するときに使われ、同じ意味でいくつか言い方があります。話し言葉では「~といったらない」は「~ったらない」に、「ありはしない」は「ありゃしない」となります。

今月は忙しい(とい)ったらありゃ(ありは)しない()は書き言葉
最近は頻繁に地震が起こっていて、恐ろしい(とい)ったらありゃ(ありは)しない()は書き言葉

補足

「~(とい)ったらありゃ(ありは)しない」はマイナスな評価を言うときだけに使われ、「~(とい)ったらない」はプラス、マイナスのどちらの評価にも使えます

大好きな彼女と一緒に生活できるなんて、幸せといったらありゃしない。

「幸せ」はプラスの評価なので、「~(とい)ったらありゃ(ありは)しない」は使えません。

大好きな彼女と一緒に生活できるなんて、幸せといったらない。

「~(とい)ったらない」はプラス評価の場合でも使えます。

補足

形容詞の名詞化(例:暑い→暑さ、便利→便利さ)して使われることが多いです

今月の忙しさといったらありゃしない
このお店のデザートのおいしさといったらない

補足

「~といったら(強調)」の文法と似ています
「AといったらB」で「Aの程度はBだ」と、後件でその程度を表すことが多いですが、「Aといったらない/Aといったらありはしない」は「Aの程度は言葉では表せないほどだ」と後件を必要としません。「~といったら」も後件を省略することもできますが、基本的には省略されません。

N2文法 ~といったら(強調) 意味 驚きや失望や感動などの程度を強く表すときに使われます。 例:忙しさといったら、暑さといったら、美しいことといったら...
「言葉で表せないほど~だ」という意味で驚きや感動などの程度を強調するときに使われる。いくつか言い方があるので、一緒に覚えること。「ありは(ありゃ)しない」はマイナスの評価のときだけ使えることにも注意。
 

 

対比文法

なし

例文

決勝戦でライバルに負けて、くやしい(とい)ったらありゃしない

娘と別々に暮らすことになり、寂しい(とい)ったらありゃしない

彼の部屋は汚い(とい)ったらありゃしない

新しい携帯は使いにくい(とい)ったらありゃしない

こんな美味しい料理が食べられるなんて、幸せ(とい)ったらない

大好きな俳優のかっこよさ(とい)ったらない

今年の夏の暑さ(とい)ったらない

彼の仕事に取り組む真面目さ(とい)ったらない

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です