N1文法

N1文法 ~ずにはおかない/~ではおかない

~ずにはおかない/~ではおかない

意味

この文法には大きくわけて以下の二つの意味があります。
「~しないでおくということは許さない、必ず~する」という話し手の強い「決意、意欲」を表します。
「あることによって自然にある状況や心理状態になる」という「自発」を表します。

例:逮捕せずにはおかな、謝らせずにはおかない、不安にさせずにはおかない、怒らせずにはおかない etc.

接続

Vない+ずにはおかない
Vない+ではおかない

例外で「する」は「せずにはおかない」になります。

解説

この文法は「話し手の決意、意欲」を表す場合と「自発」を表す場合とで分けて考えた方がわかりやすいでしょう。
また、どちらの場合でも「ずにはおかない」は「ないではおかない」より少しだけ硬い表現として使われます。

 

決意、意欲

「~しないでおくということは許さない、必ず~する」という話し手の強い「決意、意欲」を表します
動作動詞や動詞の使役形に接続し、多くの場合は行為の受け手が存在し、その受け手にマイナスの影響を与える攻撃性の意味を有する動詞が接続します。攻撃性を有する動詞とは「攻める」「逮捕する」「仕返しする」「殴る」「罰を与える」「白状させる」「謝らせる」などがあります。

大切な彼女を泣かせたと聞いて、絶対に彼を謝らせずにはおかない
警察官として、両親を殺した犯人を逮捕せずにはおかない

補足

多くの場合は、受け手にマイナスの影響を与えますが、プラスの影響を与える場合でも使われることがあります。

今まで色々お世話をしてくれた彼が困っていたら、助けずにはおかない

補足

多くの場合は、受け手が存在しますが、受け手がいない場合も使えます。

一度最後までやると決めたことは最後まで貫かずにはおかない

自発

「あることによって自然にある状況や心理状態になる」という「自発」を表します。
感情や心理状態を表す動詞と接続することが多く、感情を表す動詞と使う場合はほとんど「使役形」の形が使われます。
また、人が主語の場合は「決意、意欲」「自発」のどちらの場合でも使われますが、無生物主語の場合は必ず「自発」の意味で使われます

政府が決めた方針は、日本国民を不安にさせずにはおかないだろう。
新入社員の失礼な態度は、上司を怒らせずにはおかない

補足

主に感情の変化で使われることが多いが、「争いごとの発生」する場面でも使われることがあります。

アメリカと中国の対立は、世界中の国々を巻き込まずにはおかない

某日本語テキストに、上記二つの使い分け方は「強い決意を表す文では主語は一人称。必ずそうなるということを表す文では主語は無生物または一人称以外」と記載、また、松岡知津子・岡本 智美(2015)「「~ずにはおかない」表現の用法と共起語 ― 新聞記事と文学作品との比較を通して ―」によると、「主語が人の場合は、「自発」および「意志」の用法のいずれも可能」と記載されている。

主語が人以外である場合は、意志を持つことが想定されないため、「自発」の用法になると考えられますが、主語が人の場合は、どちらの用法の可能性もあり、文脈で読み解かなければいけない場合があり、学習者にとっては非常に難しい文法かと思われます。

細かく分析すると主語を意識する必要はありますが、学習者には、「接続する主な動詞」「無生物主語かそうではないか」をポイントに教えた方がいいでしょう

また、参考として、松岡知津子・岡本 智美(2015)によると、この文法は「無生物主語」が使われることが多く、用法としては「自発」の意味を持つ使い方が多いとされています

 

「~しないでおくということは許さない、必ず~する」という「決意、意欲」を表す場合と、「あることによって自然にある状況や心理状態になる」という「自発」を表す場合がある。それぞれに「接続する動詞の特徴」、「主語が人か人以外か」を注意すると使い分けしやすい
 

 

対比文法

準備中

例文

決意、意欲

あんなにひどいことを言われ続けたら、さすがに注意せずにはおかない

コロナウイルスに感染しているにも関わらず、あらゆる場所に外出している人は罰を与えずにはおかない

昔、自分をいじめた彼らと再会したら、きっと殴らずにはおかない

自発

彼の歌声は観客を感動させずにはおかない

彼女の撮影した動物達の写真は、人々の心を動かさずにはおかない

小さな子供の勇気ある行動は、世界中の人達に影響を与えずにはおかない

参考論文

松岡知津子・岡本 智美(2015)「「~ずにはおかない」表現の用法と共起語 ― 新聞記事と文学作品との比較を通して ―」
– LINE追加・イベント申込み –
友だち追加
LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!
日本語教師の勉強部屋
当サイトの管理人が日本語教育についての
質問に回答したり、情報を配信したりしています。
日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です