N2文法

N2文法 ~つつ(逆接)

~つつ(逆接)
nagara

意味

前件から予想されることとは違う事柄を述べる逆接表現です。

例:言いつつ、知りつつ、思いつつ etc.

接続

Vます+つつ

解説

前件から予想されることとは違う事柄を述べる逆接表現で、「~ながら(逆接)」と同じ意味ですが硬い書き言葉です。
主に心の動きや発話に関する動詞に接続します。「思う」「知る」「気づく」「感じる」「諦める」「気になる」「言う」などはよく使われるので覚えておきましょう。

彼の話は本当のことではないと知りつつ、お金を貸してあげた。
絶対に合格できないと諦めつつ、最後まで諦めずに頑張った。

「~ながら」は形容詞や名詞などにも接続しますが、「~つつ」は動詞にのみ接続します。

「~ながら(逆接)」の記事は以下を見てください。

N3文法 ~ながら(逆接) nagara 意味 前件から予想されることとは違う事柄を述べる逆接表現です。 例:ありながら、知っていながら、子供ながら ...
補足

話者の後悔の気持ちを表す場合に使うことが多いです。

絶対に今年は痩せようと思いつつ、またたくさん食べてしまった。
駅で人が倒れてるのを見て、気になりつつ、結局何もしなかった。

補足

「~つつも」という言い方も同様の意味で使われます。

彼には一度騙されたことがあるので、一応信じつつも、どうしても疑ってしまう。
旦那はいつも私の料理をまずいと言いつつも、全部食べてくれている。

前件から予想されることとは違う事柄を述べる逆接表現。話者の後悔の気持ちを表すことが多い。
 

対比文法

準備中

例文

妻はこのドラマはつまらないと言いつつ、結局毎週欠かさず見ている。

部屋の中が汚いと思いつつも、時間がなくてずっと掃除していない。

彼女の様子に違和感を感じつつ、何も言ってあげなかったことを後悔している。

本当のことを話したら傷つくと知りつつも、真実を打ち明けた。

健康に害があると知りつつ、タバコを吸い続けている。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です