N2文法

N2文法 ~つつ(同時)

~つつ(同時)

意味

二つの動作が並行して行われる意味を表します。

例:見つつ、聞きつつ、楽しみつつ etc.

接続

Vます+つつ

解説

二つの動作が並行して行われる意味を表します。「~ながら」とほぼ同様の意味だが、硬い書き言葉です。
前件と後件の主語は同じで、後件は主の動作、前件は主の動作を行う様子などを描写する場合が多いです。

景色を楽しみつつ街中を歩く。
好きな音楽を聞きつつ、明日の予定を考えている。

補足

前件は動作性が強くない動詞が接続することが多く、前件は「~という状態で」というニュアンスで考えるとわかりやすいです。

体を動かしつつ、歌うのは健康に良いそうだ。

体を動かしながら、歌うのは健康に良いそうだ。

動作性の強い動詞の場合は「~ながら」を使った方が自然かと思います。

N5文法 ~ながら(同時) 意味 二つの動作が並行して行われる意味を表します。 例:テレビを見ながら、音楽を聞きながら、歩きながら etc. 接続...
二つの動作が並行して行われる意味を表す。「~ながら」とほぼ同様の意味だが、硬い書き言葉。
 

 

対比文法

準備中

例文

社長と相談しつつ今後の方針を決めていく。

きっと合格しているだろうと期待しつつ学生からの連絡を待っている。

父の無事を祈りつつ急いで病院に向かった。

毎月親友と酒を飲みつつ語り合っている。

彼の成功を心から願いつつ彼にメッセージをした。

参考論文

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です