N1文法

N1文法 ~でもなんでもない

~でもなんでもない

意味

「全く~ではない」と強く否定する気持ちを表します。

例:病気でもなんでもない、友達でもなんでもない、好きでもなんでもない etc.

接続

Na+でもなんでもない
N+でもなんでもない

解説

「名詞」または「な形容詞」と接続して、「全く~ではない」と強く否定する気持ちを表します。

そんな嘘つくなんて許せない!もう友達でもなんでもないよ。
どうして好きでもなんでもない人と二人で遊ばなきゃいけないの?

「い形容詞」と接続する場合は「~くもなんともない」という形で、同じように「全く~ではない」と強く否定する気持ちを表します。

N1文法 ~くもなんともない 意味 「全く~ではない」と強く否定する気持ちを表します。 例:面白くもなんともない、嬉しくもなんともない、怖くもなんとも...
補足

「なんでもない」だけでも使うことができます。

なんでもない

特に問題はない、大したことはない。相手に理由を求められた時に、大したことはないと説明をしたくない場合によく使われる。

A:元気なさそうだね?大丈夫? B:大丈夫だよ。なんでもないよ。
A:ぼーっとしてどうしたの? B:別に。なんでもない

名詞またはな形容詞と接続して「全く~ではない」と強く否定する気持ちを表す。「なんでもない」だけでも使えるので覚えておくこと。
 

 

対比文法

準備中

例文

私は天才でもなんでもない。他の人より少し努力をしただけだ。

大切な約束を破った彼は、もう仲間でもなんでもない

彼女は恋人でもなんでもない。たまたま会ったからご飯を一緒に食べただけだ。

この結果になったのは不思議でもなんでもない。少なからず皆予想していた。

母は料理人でもなんでもないが、母の料理は世界一美味しい。

参考文献

検索中
– LINE追加・イベント申込み –
arrow
友だち追加

LINEの友達追加はこちらからどうぞ。定期的に日本語教育に関わることや
勉強会の開催などの情報を配信いたします!

日本語教育に関する勉強会などのイベントを開催中Free

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です